ホームへ 「正しいことを正確に」正しい点検、正確な診断、迅速な対応 KSKはコンクリート構造物の維持管理に関するプロフェッショナル集団です。 サイトマップ
会社概要 会社概要
技術紹介 技術紹介
技術情報 技術情報
メンテナンス・アライアンス契約 メンテナンス・アライアンス契約
計測機器レンタル・販売 計測機器レンタル・販売
書籍紹介 書籍紹介
採用情報 採用情報
お問合せ お問合せ
KSK Networks
人材派遣 ニーズユアーズ
取手情報
TECHNOLOGY INFO 技術紹介
ホーム 技術紹介
技術紹介 Technology Information
技術紹介 Technology Information
計画
点検
技術開発
試験・分析
劣化予測
解析
評価・判定
対策
データベース化
アセットマネジメント
コンクリート構造物の維持管理
点検 技術開発 試験・分析 劣化予測 解析 評価・判定 対策 データベース化 アセットマネジメント 計画
計画
 維持管理方針の確認
 マニュアルの作成
 維持管理計画の検討
トップへ戻る
点検
点検業務(1)
  •  外観変状調査
    • 近接目視調査
      コンクリート構造物は、不具合が生じた場合、様々な形で表面上に現れます。これらを目視観察により調査することで、それがどのような原因によって生じたものかを推測し、その後の詳細調査の基礎的データとします。

      目視調査状況 ひび割れ幅測定(クラックスケール)
    • デジタル
      デジタル画像による外観変状調査により現場での作業時間を短縮し、さらに変状の大きさなどの正確なデータが取得できます。

      撮影画像 デジタル画像による変状マップ
  •  ひび割れ深さ調査
    ひび割れは、様々な劣化要因によって発生します。また、ひびわれの発生により、構造物の劣化の進行速度が著しく加速する場合があります。このようなひび割れの深さを、超音波測定器により、さまざまな手法(直角回折波法、BS法、Tc-To法)で測定を行います。

    超音波直角回波折法
  •  浮き、剥離、空洞調査
    浮き・剥離・空洞の原因は、施工当初から生じていた初期欠陥と経年劣化によるものがあります。それぞれ劣化の状況に応じた調査手法(叩き点検、超音波法、衝撃弾性波法、電磁波レーダ法、赤外線法等)を用いて調査を行います。

    テストハンマーによる調査 パルハンマーによる調査
    電磁波レーダー法による調査 衝撃弾性波法による調査
点検業務(2)
  •  配筋調査
    中性化や塩害を受けた構造物の調査においては、その構造物のかぶりが評価を行う上で重要な要素となります。しかし、全ての鉄筋のかぶりをはつりにより確認することは困難であり、また、経済的とは言えません。我々は、電磁波レーダ法、電磁誘導法、]線法により非破壊で調査を行います。

    電磁波レーダ法 電磁誘導法
    電磁波レーダ法による測定結果
  •  鉄筋腐食調査
    鉄筋の腐食は、かぶりコンクリートをはつり取って目視により確認する方法と非破壊検査手法を用いて実施する場合があります。非破壊検査手法としては、自然電位法、分極抵抗法、コンクリート抵抗法があり、それらを用いて鉄筋腐食を推定します。

    自然電位法による調査結果(例)
  •  コンクリート品質評価
    コンクリートの品質は、シュミットハンマーによる反発度の測定値や、超音波の伝播速度の測定値から相対的に評価します。

    シュミットハンマー 超音波伝播速度測定
トップへ戻る
技術開発
 非破壊検査手法の開発
  • 近赤外分光法
  • LCC
  • トモグラフィー
分光画像 トモグラフィーによる品質分布
トップへ戻る
試験・分析
  •  圧縮強度、静弾性係数試験
    コンクリート構造物は、特に圧縮強度に基づいて設計されており、また、劣化に関連した物理特性の変化と圧縮強度や静弾性係数は深く関係しています。

    圧縮強度、静弾性係数試験 コア採取
  •  中性化深さ試験
    中性化は、大気中の二酸化炭素等の酸性物質の影響を受けて進行し、鉄筋腐食やそれによるひび割れ発生等の問題を生じさせます。フェノールフタレイン法により中性化深さ試験を行います。

    中性化深さ試験
  •  塩化物濃度試験
    コンクリート中の塩化物は鉄筋腐食に大きく影響します。電位差滴定法JIS法、JCI法)または、簡易的な塩分濃度計検知管などで塩化物濃度試験を行います。

    電位差滴定法 塩分濃度計
  •  硫黄浸透深さの分析
    X線マイクロアナライザーEPMA)で元素分析を行い、マッピングすることにより硫黄浸透深さを測定します。

    測定試料 EPMAマッピング画像
  •  アルカリシリカゲルの有無の観察
    走査型電子顕微鏡SEM)により、アルカリ骨材反応による反応生成物を観察します。

    アルカリシリカゲル写真 アルカリシリカゲルSEM画像
トップへ戻る
劣化予測
  •  中性化深さの予測
    中性化劣化予測は、測定で得られた中性化深さ、かぶり、構造物の供用年数を基にして、今後の中性化の進行と中性化による鉄筋腐食開始時期を予測することができます。

    中性化深さの予測(例)
  •  塩化物イオンの拡散予測
    調査結果から見掛けの拡散係数を回帰分析等を用いて算出し、塩化物イオンの拡散の予測を行い、将来的な塩分分布の推定を行います。

    塩化物イオン拡散シュミレーション結果
トップへ戻る
解析
 耐荷性能照査
 温度応力解析

応力解析結果

ひび割れ指数分布図
トップへ戻る
評価・判定
 劣化度の判定
 劣化要因の推定
トップへ戻る
対策
  •  補修・補強計画、設計
    構造物は個々に、劣化状態、劣化原因、供用環境などが異なります。これらの構造物の状況にあった適切な材料、工法を選定し、対策を実行する必要があります。
断面修復工法選定(例)
  •  施工・施工管理
    劣化した構造物を選定した補修、補強工法で施工する際に、期待される性能を発揮できるような、施工管理(品質、工程管理)を行います。

    塩化物イオン拡散シュミレーション結果
トップへ戻る
データベース化
 データベースの構築
トップへ戻る
アセットマネジメント

LOC算定結果
トップへ戻る
ホームへ戻る このページのトップ
プライバシーポリシー・このサイトについて TEL 0297-70-5961(代表) 0297-70-5962 FAX 0297-70-5969 Copyright(C)2007 KSK Corporation All Right Reserved.